身の丈ギャンブル!

Gambling to fit my height!

競馬と株投資で何が違うっていうんだよ。

同じ依存症の方のブログで

競馬と株投資で何が違うっていうんだよ。実に腹だたしい。

と書いている記事があった。

 

まさに、同じ考えだった。

 

20年ほど前に、私がエンジニア業界に飛び込んだ最初の会社であった、

とある先輩との話だ。

 

その先輩は証券会社に就職して、ディーラー(株を運用するプロ)見習いのお仕事をしたれど、結果を残せず、会社に居場所がなくなり、転職してきたとのこと。

で、プライベートで株をやってるときいたので、その時、なんの迷いもなく

「あ、同じですね、僕も競馬やってるんですよ」と回答したのだ。

 

その時、先輩は烈火のごとく怒って、

 

「競馬と一緒にするんじゃないよ、株はギャンブルじゃない、投資なんだ!」

と発言、その後その話はすることはなくなった。

 

その時私は、「いやどう考えてもどっちもギャンブルでしょ?お金が欲しいから株買うんでしょ?」と思っていた。

 

いま、少し競馬から離れてみて、こういうことかな、と思うことがある。

 

会社というのは経済活動を行うので、時間がたてば基本的に必ず成長する。

株価はそれを反映するので、日本株でも平均すると年6%成長し続けることが

証明されている。

 

逆に競馬はテラ銭が取られるので必ず25%マイナスとなる。

 

つまり、語弊を恐れずにその観点のみでまとめると

106%に収束する世界で勝負するか、75%に収束する世界で勝負するか。

 

なるほど、「勝ち確」の勝負の場を選んで勝負している人から見れば

「負け確」の勝負の場を選んで勝負をしている人と同じに話されるのは気分悪いよな。

 

106%に収束する世界でも、負ける人が多い世界なのだから、

75%の世界で勝てることを夢見る人が頭おかしい、と思われるのは

しょうがないな、ということで納得した。

 

【私なりの結論】

勝ち確の場で勝負するのが投資

負け確の場で勝負するのがギャンブル

 

しかし、勝ち確の場を選んでも勝負しても、投資の世界では負ける人の方が多い。

まして、ギャンブルで勝ちを目指すのは・・。

 

・・。

 

20年かけて、自分なりに納得できた。w

DAIGO凄い!(依存症の説明)この観点はなかったわ~。

DAIGO凄い。

 

依存症の理由が明確に簡潔に説明されていた。

この観点はなかったわー。

 

皆さんも是非見てほしい。

 

www.youtube.com

 

【感銘した部分】

 依存症の原因は「ドーパミン

ここまではよく言われているけれど、「ドーパミン」は「期待感」を抱かせる物質で「満足」は与えてくれない。

 

【私の解釈】

依存をすることで「期待感」のみを煽られて、結果「渇望感」のみが強くなっていく。

言い換えれば、依存症とはある特定のものでしか「期待感」を得れなくなる病気なんだといえる。確かにそうだった。

 

ギャンブル依存症に置き換えると、

ギャンブルを止めること=依存症から抜け出した

ではなくて、

ギャンブル以外に「期待感」を持てるようになった=依存症から抜け出した

ということなんだろう。

今日で禁ギャンブル51日。

今日で5月も終わり。

 

4月10日に完全敗北宣言を行ってから、51日がたった。

 

uma015.hatenablog.com

 

去年の11月頭ぐらいに一度やめて、2月6日にスリップ。

その後すぐに20万ぐらいに資金が増えてしまったので、そこから金額があがってしまう。

結局、止めていた期間に貯めた50万と、使ってはいけない20万、前述の勝った20万、都合90万を失って4月10日に敗北宣言。

 

ブログっていいね。やらかしたことを振り返るのに非常に都合がいい。w

 

その後は、入金があればすぐに自分の管理でない口座に振り込むことを徹底することを続けられている。また、いろんな趣味を探して、全力で取り組んで、やっとギャンブルがなくても充実した毎日を送れるようになってきた。

 

一番良かったと思うことは、お金が増えない、どうでもいいことを思考したり試したりすることを楽しい、と思えるようになったことだ。

純粋な知的好奇心を満たすことは楽しい、楽しいのだ。

 

ギャンブルの一番悪いのは、見返りのないことに思考を使うことを「無駄」なこと

「恥ずかしいこと」「めんどくさいこと」とみなす癖がついてしまい、単なる知的好奇心の芽を潰してしまうことなのかもしれないと思う。

 

ギャンブルをやっているときは、何事に関しても「すぐ」結論を求めたがっていた気がする。「すぐ」解決しようとすると、何事にもお金がかかる。

 

しかし、(お金がなくて)時間をかけてもいいとなると、いろいろ試したり、考えたりすることで、結果的にお金は必要なかった。ということがたくさんあった。

しかも、お金をかけて「すぐ」解決したことより、お金を使わずに知恵を絞って

解決することで、結果を得ることの上に「自信」や「満足感」まで得ることができた。

 

お金を使わないことがいいことだとは思わないし、少しの気恥ずかしさすらあるが

お金を使わないで解決を真剣に考えると、無料もしくは少しのお金で大概のことは解決できた。

しかも何かを購入して解決したときよりも、知恵と時間を加えて解決したときの方が「満足感」を感じることができる事実がたくさんあることを実感した。

 

小さな成功体験が楽しいし、うれしい。毎日が楽しい。そういう健全な生活は小学生以来かもしれない。

 

一瞬でギャンブルの日々に戻ることができる状態であることはわかっていが、「我慢」してやめているという状態は脱した感はある。

 

そんな毎日です。結構毎日幸せです。ww

近況報告まで。

幸せな日々

なんか幸せです。

 

なんてことない一日なんですけどねぇ。

 

今日なんて、誰とも会わないし、遊ぶわけでもない。

気が付けばGWも本日で終わり。

 

でも、幸せなんですよねぇ。

 

ギャンブル依存症を30年以上続けてきたから、脳の報酬系がこわれてしまったのではないかと思うくらい。

もしかしたら、このままギャンブルから離れれるかも・・。なんて思ってしまうくらい。

 

最近、職場が変わったことに伴い、今までの仕事の仕方を変えてみようと、いろんなツールを試している。

 

GW開始にあたって、まずマインドマップを書いてみた。

 

昔はマインドマップはイメージを膨らませて、絵心をふんだんに、遊び心を持って。

みたいなことを言われていたので、根っからの左脳人間である私には全く響かなかった。

 

しかし、今はいいツールがあるので、そういう概念すらひっくり返っていたりする。

いろいろ調べて、無料で使えて評判のいい Xmind というツールを使ってみた。

 

驚きだ。頭の中の思考が驚く速度で引っ張り出せる。

まぁ、私自体がエンジニアなので、PC操作に慣れていることはあるが。。

 

先ず中心に書いたのはこれ。

f:id:uma015:20210505124638p:plain

 

小一時間格闘すると、こんな感じに成長。

f:id:uma015:20210505124759p:plain

驚きだ、自分はすでに枯れ始めた人間だ、とある意味あきらめをもって生きている部分があったのだが、実はやりたいことは無限にあったのだ。

 

生活を改善し、ライフオブクオリティが上がると、楽しいし、より楽に生きれる。

小さな成功体験が増えてくると、明日はより良い一日が待っているような気になれる。

 

 

ギャンブルから離れて、浪費を止めた生活を続けていると、物事に時間をかけることを苦にならなくなる。

 

物事に時間をかけることを苦にならなくなるということは、自分より他人を優先してあげることにつながるので、他人は喜んでくれる。

 

このGW、思いのほか親との交流があったし、何十年ぶりかに交流の絶えていた親戚とも交流があった。

 

ある程度経験を積んだ人間が、「物事に時間をかけることを苦にならない」なら、

それなりの(お金に変わるような)スキルを活かし、真摯に相手のことを考えるので、結果、思いのほか喜んでもらえた気がした。

 

他人のために尽くすことを優先していたら、

「暇なんか?」と聞いてくる失礼な人もいる。

でも、そんな人には、マインドマップを見せてやって、

「暇じゃないんですけどねぇ。」といって、三下り半をたたきつけてやればいい。

 

先ずは自分の「価値」をきちんと把握して、ちゃんと主張できる状態にして、

謙虚を忘れず、そのうえで適切な「GIVE」を意識して生きていれば、

仕事でもプライベートでも、うまくいきそうな気がする。

 

「明日は今日よりよくなる!」ような気がしているのが、今の「幸せ」な気分の正体かも。

 

心底、「明日は今日よりよくなる」ことを信じて生きれるようになった時がギャンブル依存症卒業の日かもしれない。

完全敗北後(6日目)

今日は給料日だったので、お金の処理を全て終わらせた。

 

使ってはいけないお金にも手をつけていたので、

今月の支払いはショートしてしまう。

延滞料はかかってしまうが、一応破綻はせずに回るのでこれは仕方がない。

 

こういうのも、ギャンブルの引き金となってしまうのだが、今回はきちんと計算して事前に分かっていたことなので、やり過ごせそうだ。

 

ほかには、歯医者に行って、散髪に行って、眼鏡を新調した。

また、スーツのパンツのみを頼んでいたので、宅配便で受け取った。

来週からしばらく出社しないといけないのだが、その準備は整った。

 

今回の歯医者だが、行くお金をつかいこんでしまい、数回予約をずらしていた。

もうこんな惨めで、(周りに)迷惑な生活はやめにしたい。

 

一つ本当に良かったと思うことは、以前自営業をしていたが、運転資金に手をつけてしまい、サラリーマンに戻るときに親に泣きついて、しばらく面倒を見てもらったことだ。

そこで時間が稼げたので、派遣ではあるが、自分のスキルを活かせる仕事につくことができた。

 

自分で自分に価値があることを主張しないと、最低時給で働かされてしまう。

その上、最低時給で働いてしまうと、その賃金でも「いらない」と言われてしまうのだ。

 

ギャンブル依存症から立ち直ろうとする際、仕事は何としても選んでほしい。

切羽詰って、きつく、安いお仕事についてしまうと、立ち直れるものも立ち直れない。

 

ギャンブル依存症が、ギャンブルを止めたとて、バラ色の生活が待っているわけではない。自分の生活から、ギャンブルがなくなった生活が待っているだけだ。

 

若ければ、余った時間で人との交流で彼女が出来たり、一気に生活が色づいたりすることもあるが、年が行くとそういう事もあり得ない。

 

自分で自分を楽しませるスキルをいかに高めておくか。

それが、立ち直れるかどうかの大きなポイントになる。

 

ギャンブル依存症の人間はギャンブルを止める、という行為を軽視しがちだ。

 

 

私の経験上、ギャンブルを止め続けるというのは

ギャンブルで勝ち続けることの次に難しいこと。

一回こっきりで、大勝する!ということよりは、間違いなく難しい。

全身全霊をかけても倒すことが難しい、人生のラスボス。

 

今度こそ、たお、たお・・、倒せればいいなぁ。ww

完全敗北後(5日目)

お金を持っていたらギャンブルするだろうなーと思う。

 

なのでお金が入ったら、その日使う予定がない分は自分で出金できない口座に振り込んでしまうつもりだ。

 

前回※スリップしてしまったのも、この行為を怠ってしまったから。

 

振込手数料も馬鹿にならないので(とはいえ必要経費なので)できるだけ安い口座にお金が振り込まれる仕組みを作っておくべき。

数日間だから、と思ってこれを怠ると、全てが無に帰する。

 

お金が入ったら、その日のうちにお金は処理してしまって、使わない分は出金できない口座に振り込む。これを徹底する。

 

そうすると、日々お金は持っていない生活になるので、常にお金をできるだけ使わなくて、生活のクオリティを上げる方法を考える。必要に応じてメモし、とにかくお金がかからないことなら試してみる。生活のクオリティを上げるためにどうしても必要な出費だと思ったら、しばらく寝かせてより安く・いい方法がないか代替え方法を探す。その中で自分が楽しいと思えること、気持ちいいことをストックしていく。

 

時間が出来たら、ストックした、楽しいと思えること、気持ちいいと思えたことを、いろいろ深堀りしていく。インターネットでいろんなことを調べて、興味の持てそうなことがあれば更にストックしていく。例えば興味のある場所が見つかれば、その場所に行くための道順・交通費・時間などを調べる、更にその地域の名産や有名な観光資源を調べてみる・・。

 

生活のクオリティを上げるためにどうしても必要な出費を、納得のいく出費になるまで下げることができたら、次の入金時に予約し、入金時に処理するようにする。

 

こうやって、生活のクオリティを上げるループを作り、楽しみながら時間を消費できるようになってくればしめたもの。

 

とはいえ、何か月もかけてループを作り、上手く回りだしたか?というところまで行っても、一回のギャンブルですべてが無に帰するものだけど。それでも、もう一度繰り返せばいい。次は前回よりもうまくできるはずだ。

 

※スリップ=ギャンブルを止めることを失敗すること

完全敗北後(3日目)

今週は有給消化でお休み、来週からお仕事が始まるのだが、

お金もない、ギャンブルもできない。

なので、何をやろうか?といったところ。

 

ギャンブルにどっぷり嵌ると、他のことが気にならなくなるので

嵌っている時期は部屋が乱れる。部屋の一角はこんな感じ。

 

f:id:uma015:20210413115252j:plain

よくこんなになっても気にならずにいれるものだ。

まずは、これを綺麗にしたいと思う。